プラスカーペット

防音カーペット

防音カーペット

足音が気になったり、ピアノの音がうるさかったり、夜中に生活音がして気になる…。沢山の家族・人が集まって一つの建物で暮すマンションやアパートでは、たびたび騒音問題が話題になります。そんな問題を上手く解決するためにも、より効果的な選び方や使い方を知って、機能を上手く活用してくださいね。


特徴

床から伝わる足音などの生活音や、楽器などの音を他の部屋に伝わりにくくするためのものです。音は特に上から下へ伝わりやすいため、アパートやマンションなどの集合住宅において、下の階への配慮として防音カーペットを使う場合が多いようです。そのため、遮音効果の高いものが防音機能性タイプとして販売されています。厚みがあるタイプが多く、重さがあるのが特徴です。一般的には音が響きやすいフローリングの床などに敷いて使います。また、ピアノなどの楽器を使う場合や、生活リズムが昼夜逆転している人なども、防音カーペットを使用することで、近隣の住民との無用なトラブルを起こさずに済みますよね。

種類

遮音等級の違い

防音の性能については等級があり、高いものほど遮音効果が高くなっています。遮音性能には、空気を伝わる音に対する遮音等級と振動などが物を通して伝わる音に対する遮音性能が、アルファベットで分けられて示されています。防音性能の場合には、物を解して伝わる振動に対する音を防ぐので、「LH(重量床衝撃音)」と「LL(軽量床衝撃音)」の2種類があります。

遮音等級

気になる LH - 60 上からの音がある程度気になる LL - 55 上からスリッパの音でも聞こえる場合がある
LH - 55 少し気なることがある LL - 50 硬いものを落とした場合、音が聞こえる
気にならない LH - 50 ほとんど気にならない LL - 45 硬め靴やサンダルのかかとの音などが聞こえる
LH - 45 少し聞こえることがあるがほとんど聞こえない LL - 40 かすかに聞こえる
LH - 40 ほとんど聞こえず、遠くから聞こえる程度 LL - 35 ほとんど聞こえない

デザインタイプ

特に遮音性能を重視して作られたものでなくても、裏地に使われている素材や表面に使われている素材の質感、毛足の長さなどでも衝撃音の伝わり方は大きく違ってきます。そのため、デザインタイプの場合には、遮音効果について明記されていない事も多いのですが、LH50もしくはLL45程度の遮音性能を持っているものがあります。ですから、気に入ったデザインのものが防音・遮音カーペットに無かった場合には、デザインタイプからより遮音効果のありそうなものを探し、メーカーに問い合わせて確認してみるとよいでしょう。また、機能性重視タイプの中にも、タイルタイプやウッドタイプ等色々な種類が増えてきています。

選び方・使い方

遮音性

足音などの生活音程度を遮音する場合と、ピアノなどの楽器を使用する場合の遮音は、必要な遮音効果の程度が違ってきます。木造住宅と鉄筋コンクリートでは、もともとの音の伝わりやすさも違いますので、同じ防音カーペットを使っても遮音効果は代わってきます。また、遮音性が高くなると価格も高くなる傾向があります。そのため、防音カーペットを選ぶ際にも、必要に応じた遮音性のタイプを選ぶようにしましょう。

防音グッズの併用

防音カーペットを敷いても、衝撃音として伝わる振動や音を完全にシャットアウトすることは難しいものですよね。そこで、防音カーペットの上に厚みのあるカーペットや絨毯を併用することで、さらに遮音効果を高めるのもおすすめです。また、音は振動ですから、床以外にも空気を通して伝わります。遮音・防音カーテンを併用して使用することで、部屋全体の音を外に伝わりにくくすることができます。