プラスカーペット

ラグマット

ラグマット

他の人の家へお邪魔すると、ラグマットをどんな風に使っているかをつい気にしてしまいます。唯の敷物としてではなく、便利な使い方やとってもオシャレな使い方をしているのを見かけると、自分でもとコーディネイトの参考にしています。季節や気分に合わせて。新しいものを買って模様替えするのも楽しいですよね。


特徴

部屋全体に敷き詰めるわけではなく、必要な部分にだけ使うことのできる小さめの敷物です。絨毯やカーペットなどの大型のものに比べて種類が豊富なため扱いやすく、通販やオークションなどでは値段も激安価格などで販売されているものを多く見かけます。マルチカバーとしても使える薄手のタイプから、重厚感のある毛皮素材を使ったものなどもあります。インターネットなどでも沢山扱われていますが、実際の雰囲気を見るために家具やさんやインテリアショップを覗いてみると楽しいですよ。

種類

ファー・ハラコ

長めの毛足で、動物の毛皮やそれに似せて作られたフェイクファーなどの素材が使われています。肌触りが滑らかで柔らかいものが多いのが特徴です。また、毛足が長いことで溜め込む空気の量が多くなり、短い材質のものに比べて温かさを感じることができます。


アジアン

い草や竹、木、麻などの植物を素材に使用したラグマットで、さらっとした感じで使えます。い草で編まれたラグマットは、フローリングの部屋の一角に置くことで、和風の空間を作り出す事もでき、人気があります。アジアン風のインテリアでまとめたり、爽やかな空間を演出したい夏などに使われることが多いようです。また、アメリカンキルト生地を使ったカントリー風のものなどもあります。


玄関・キッチン用

冷えやすい場所には、玄関用・キッチン用などに作られた小さめのタイプが色々と販売されています。汚れやすい場所で使用される事も多いため、丸洗いOKなどお手入れやクリーニングがしやすいようになっていたり、汚れが付きにくい加工が施されているものも増えています。


円形・デザインタイプ

キッチン用などと同じように若干小さめに作られているものも多く、丸型や星型、キャラクター物など様々な種類があります。色やデザインが豊富なため、周りの家具やインテリアを合わせてアクセントとしても利用できます。また、小さめのものは値段も手ごろなものが多く、季節に合わせてマットを替えて使うのもおすすめです。


多機能タイプ

ペット用や防音・防カビなど扱いやすいように色々な加工がされているタイプや、洗濯機でそのまま洗えたり、撥水加工で汚れが付きにくいタイプ等があります。また、マルチカバーとしても使えるような薄手のものもあり、畳など傷つきやすい場所に敷いたりソファーカバーとして使う事もできるようなものもあります。


使い方・選び方

価格・デザイン・使い心地

ラグマットの素材や形は様々なので、使い心地や機能性、デザインなど選ぶポイントも人それぞれですよね。落ち着く空間を作りたい場合には、さわり心地や素材にこだわるのがおすすめ! 機能性にこだわる場合にも、やっぱり自分らしいデザインや周りの家具との協調性を大事にしたいですよね。素材自体の特徴や製造方法、ブランドによっても特徴が違ってくるため、質感や機能性、大きさ、デザインなど、自分が一番こだわりたい部分をポイントにして選ぶのがおすすめですよ。

便利グッズを使う

ラグマットは滑るんです! 絨毯の上や家具の下に敷いて使う場合にはあまり滑ることは無いかもしれませんが、フローリングやクッションフロア、以外にもたたみの上に敷いたときも滑りやすいため、ずれたり曲がったりすることがあります。そのため、ラグマットを使うときには、滑り止めシートや綺麗にはがせる接着剤などの滑り止めグッズを併用するのがおすすめです。